• ケーキ屋さんに大人気!生クリームしぼり
  • エコ素材のオリジナル袋

私たちはこんな会社です

スズキパックは「物」を入れる(包む)袋・フィルムを各種作っている会社です。
単に規格品の袋を生産しているだけでなく、商品小物を入れる袋、新製品の機械・機器を入れる袋、巨大な袋など、お客様からのご要望に応えながら各種さまざまな袋を作ってきました。

またスズキパックでは、お客様の1日でも早く納品して欲しいというご要望に応えるべく社内体制を整え、他同業者よりも早く納品できるシステムを確立しました。

中小企業が集まった「ものづくりの町」新潟県三条市の地域の強みも活かし、地域とも連携しながらよりお客様に喜んでいただけるよう努めています。

長い袋、大きな袋、特殊な形の袋に対応できる最新の機械を導入しています。
そのため、お客様のご要望に応える規格外の袋を作ることが可能となっています。
また地域関連企業との連携を行っていますので、当社で対応できない商品に関しては、敏速に関連企業と連絡をとりあうことができます。

お客様のご要望に即お応えできるように大量の材料(フィルム)を保有しています。
通常では注文をいただいてから材料を発注するのですが、当社では比較的ご注文の多い材料については常時保有しています。
そのため、その材料を使用する商品は短納期で納めることが可能となっています。

規格外の袋の納品が早い!それが口コミとなって今では全国から注文をいただいています。
袋を生産する同業者は多数存在しますが、小ロットの規格外商品は生産性を落とすため嫌がる傾向があります。それに対し、スズキパックでは小ロット規格外商品でも多く集まるため、まとめて生産することが可能となり、その分低コストで納期も早くなるのです。これが規格外の注文が多く集まり、そして短納期を実現できる理由の一つです。

スズキパックがある新潟県三条市は、中小企業が集まった「ものづくりの町」で、各企業の強みを活かし、連携をとりあって製品を仕上げることができる地域です。
それぞれの職人が1つの地域に集中していることは大きな強みであり、スズキパックでも創業当時より地域企業と連携をとりあって成長してきました。現在でも、社内で出来ない加工については、敏速に地域企業と連絡をとりあい、製品化することも多くあります。
連携する会社同士の距離が近い。顔を向き合わせて打合わせができる。
このことはスズキパックの大きな強みでもあります。

新潟県三条市は大変面白いところで、自然・食・物・人がコンパクトにまとまっている地域です。最近では、この地域を活性化する活動も盛んになってきました。
スズキパックでも地域の再発見や地元への貢献をしたいと考え、地域イベントへの参加などに積極的に関わっています。

こんな袋つくれる?その袋つくります
はじめてご注文される方へ オーダー注文の流れ